海外就職・現地採用

現地採用として働いた後のキャリアには果たして虹がかかるのか(海外就職のリアル)

海外就職をしてみようと考えている方、またはもう海外で実際に働かれている方にとって、本帰国後のキャリアは非常に気になるところです。

筆者もまだ海外就職”中”ですので、今後のことに関しては非常に気になるところです。

今回は「現地採用」という枠組みがどのように社会に認知されているか、
また本帰国後どのようにして日本でのキャリアを再構築していくか
について、述べていきたいと思います。



結論、当人の生き様次第で価値は変わる
「海外で働いていた」に価値はない

いきなり今回のテーマの結論を出させて頂くようですみません。
ただ実際のところ、これが全てだと思います。

海外で働いていたから凄いと評価されるような会社もあるとは思いますが
たかが知れています。

なぜなら今後あなたが応募する企業にも海外の子会社はおそらくあり、
もはやこのご時世で
「海外に行っていた」ということに関してのブランド性はそこまで高くはない

と思った方が良いです。

むしろ一度日本社会から抜け出した異端児と認識されるのが普通でしょう。
(ただワーホリと比べると10倍は印象がマシだと思いますが・・・)

しかし別に異端児だと思われようと海外で何か実績を作ったり、あるいは役職に就いていたり、長けているものさえあれば企業はあなたに魅力を感じるはずです。

個人的には
一旗上げるまで帰らないぐらいが、後々うまくいく気がします。
海外に出るからには何か持って帰って来ましょう。

本当にグローバルな人材とは英語を話せる人のことではない

海外で数年働いている方であれば、言葉もそれなりに順応し、仕事自体にも慣れてきて
「俺、海外で働けてる!」
「私、グローバルな人材じゃん!」

と思われるかも知れません。
確かに、海外で働き、それなりに仕事もしていたらこのような感覚になることも無理はないですし、筆者も内心そのような気持ちを抱いていました。

しかし、筆者が思う

真のグローバルな人材とは
「国や地域に関係なく、どんな環境でも成果を出せる人」

だと思います。

そして日本での転職活動中に求められる人材とは
この真のグローバル人材だと思います。


第一項でも述べましたが、
「海外で仕事をしている」、「外国人相手に仕事をしている」
では、はっきり言って需要が無いと思ってもらっていいと思います。

ですので、あなたが今海外就職を考えているかつ
いつかは日本への本帰国を考えているのであれば


海外にいる間こそ真剣にキャリアを構築し、
帰国時には日本企業に文句を言わせない何かを持って帰って頂ければと思います。



果たしてもう一度日本企業に順応出来るのか

もし日系企業への海外就職をされた方は
そこまで環境に大きな変化はないとは思いますが、
やはり海外で働いていると良い意味でも悪い意味でも”違い”があります。

筆者の場合はローカル企業ですので、180度変わりました。
そんな私ですが、
今もし日本の企業に転職して順応出来るかと質問されれば

「出来ません」
と言うでしょう。

とは言え日本の企業でも色んな企業はあるので一概には言えませんが
以前働いていた日本の企業に戻りたいか、戻りたくないかで言うと
「戻りたくない」のが本音です。

皆さんはどうでしょうか?
何か理由があって日本への本帰国を考えているかと思いますが、
帰ってみると意外と現状よりも劣化する部分もあります。


またこれは企業としても同じで、
海外就職者に対して、
「もう一度日本の企業に順応出来るのかどうか」や、
「またすぐ辞めらてしまうのではないだろうか」
と言う印象は少なからずある
ので、
もしそう言った質問が来た場合に
迷いなく返答出来るようにしておく必要があります

これらを整理した上で本帰国するのかどうするか決めましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように
「海外就職をした方全てに虹がかかる」
と言う訳ではないですが、

もし海外で働いている間に努力をして
キャリアを構築すれば、日本でも認められない理由がありません。

逆に「海外にいただけ」
では日本での転職時にPRすることが難しいのが現実です

どうしても日本に帰る理由がある以外は別ですが
そうでない場合は何か実績を作ってから帰ることをオススメします。

下記記事はこの記事を見ている方にオススメです。
もしご興味があれば是非ご覧下さい!


それでは次回の記事でお会いしましょう!
















あなたにおすすめ