海外就職・現地採用

外国人であっても面倒くさい上司や嫌いな同僚はもちろんいます(海外就職のリアル)

最近海外就職の良い部分の記事に偏っている気がしたので、
今回は海外就職の現実的な部分のお話をしていきたいと思います。

タイトルにもあるように
今回の記事では
「外国人と働くって実際どうなの?」
を経験談を交えながらお話しできればと思います。


高圧的なシンガポール人社長(女性)

筆者は現在シンガポール在住でシンガポール系の企業で働いているのでマネジメント層にはシンガポール人が多いです。
またトップはシンガポール人の女性です。
この女性が実際かなりオラオラで、業績が下がった時にはすこぶる厳しいので、彼女のことを嫌いというよりは少し怖いのが本音です。
(逆に業績が上がっているときはかなり上機嫌です・・笑)

日経以外での海外の職場のイメージで多いのは、どちらかと言うと
「フレンドリー」、「優しい」、「楽しそう」
があげられると思います。

あながちその認識で間違っていないとは思いますが、
とはいえやはり会社としては利益を出さなければ始まらないので
マネジメント層の方はやはり厳しいです。


ただ職場の風通しであったり、フレンドリーなところはやっぱり日本の企業とは全然違います。

また筆者の所属している会社の場合はとにかく利益さえ出し続けていれば、一切咎められることはありません。
本当に実力主義なんだなぁとつくづく思います。

ただこの方のおかげでかなり成長出来たので感謝しています。

責任の矛先から逃げ続ける言い訳の天才台湾人同僚

日本人として育ってきた方は、海外の方に比べてやはり責任感がある方が多いです。
また言い訳は悪だという教えから、
「素直に認める」ということに関して良い意味でも悪い意味でも長けています。

実際何か自分のミスや、ミスをしたであろう疑わしい時は、素直に謝ってきました。

しかし、
海外には「否を認めてはだめだ。まず戦え」みたいな思考の方が多いなぁ
と日々感じています。

この台湾人同僚の場合は、何か納期が遅れる原因があった時に他の部署に責任を投げたり、いつも「Because〜」と言い訳をします。

もちろん正当な理由がある時や、
会議において必要な反対意見であればどんどん意見すべき
だとは思いますが、

はっきりいって逃げの姿勢からくる言い訳ほど周りの信頼を落とすことはありません。

実際にマネジメント層も彼の態度を、問題視しているので
世界のどこであっても、やはりこういったタイプの方はビジネス上よくありません。

逆に日本人は非を認めるのが早いので、その中間ぐらいの姿勢を取るのが適切なのかなぁと個人的には思います。


自分の仕事以外は絶対にやらない経理のシンガポール人女性の同僚

次は
「自分の仕事以外は絶対にやらない同僚」です。

ただ上の台湾人同僚と大きく違うところが、自分の仕事を本当に全うしていますし、彼女の仕事の評価は車内で非常に高いです。

というか自分の仕事だけを全うするのがそもそも海外流で、
日本人である私の考えが異常なのかもしれません。


しかし以前、業務の負荷が一人一人違いすぎるということから
一人一人の仕事を見直して、分配し直そうといった際に、
「え、それってもしかして私の仕事増える?これ以上忙しくさせないで」
と言いました。

思わず怒りが込み上げてきましたが
確かに仕事が増えても給料は上がらないので
彼女がそういうのも分かります。

ただ日本人の私からすると、ちょっと10分15分ぐらい相当の
仕事が増えるぐらいだったら頑張ろうぜって思ってしまうのです。

筆者もどちらかといえば協調性は少ない方ですが
世界にはもっとドライな人間がいることを再認識しました笑


上司の隙を見てこそこそ永遠にスマホのマレーシア人同僚

いるんですよ。海外にもこういう人が。

多分そのうちクビになると思いますが・・
ただ一点、彼の場合はエンジニアなんです。

エンジニア(ITとかではなく、機械系の)の場合は
目標とかノルマが無いので、正直ごまかしがきくんですよね。

皆さんが想像されているような
「バリバリ仕事のできるITエンジニア」
であれば、やることさえやっていれば誰も文句は言わないと思います。

ただしかし彼の場合はただまだ入社1年程度でダメダメです。
にも関わらず隣のデスクで永遠にスマホをイジっているので
はっきりいって結構目障りです。笑

学生時代の合唱祭とかで例えると、一人だけ真剣にやらない人が
クラスにいると面倒じゃないですか。まさにあの状況です。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は全て筆者の経験談からお話しました。
海外で働くと全てがストレスフリーになるかというと
そんなことはないと思います。

その人の正確によってストレスの感じ方は違いますが
筆者の場合は、上に出てくる方とは少し合いません。

もちろんそれ以外の従業員や上司とは良い関係を築けているので、
無理に関わる必要はないかなぁと思います。(社長を除き)

「自分には海外就職の適正があるのか分からない・・」
と言う方には是非下記記事をご一読頂きたく思います!



それでは次回の記事でお会いしましょう!

あなたにおすすめ