各国の就職情報

Covid-19 (コロナウイルス)が今後海外就職に与える影響について

急激なパンデミックを引き起こし、3月30日現在でもなお猛威をふるっている
Covid-19(コロナウイルス)

3月30日現在では、多くの国々が外国人の入国禁止・或いは行動制限などの対応をとっているため、

これまで当たり前のように行けていた海外旅行に行けなくなったり、
大金をかけて留学している方ですら強制帰国となってしまうなど、
世界は異常な状態へと突入しています。

当ブログでは海外就職を主なコンテンツとしている為
当記事に辿り着かれた読者の皆さんは恐らく、

海外就職を検討している方
海外就職の手続きを始め出している方
海外就職で内定を取れた方、
Covid-19により内定を取り消された方・取り消されそうな方

このうちのどれかに該当するかと思います。

当記事ではそういった方々向けに
Covid-19が今後海外就職にどのような影響を与えていくのかについて
自身の経験とこれまでに集めた情報を元に述べていきます。

皆さんのご参考になれば幸いです。


2020年に海外就職は正直厳しい

これまで当ブログでは海外就職について様々なコンテンツをあげてきました。
基本的には皆さんの海外就職に対するモチベーションを高めてもらう内容の記事を作ってきました。

しかし、今回はそんなことは言っていられません。
ハッキリ言って

2020年は海外就職を諦めた方が良いです。

理由はいくつかありますが、

Covid-19の終息時期が全く分からない

ことが最も大きな要因です。

そもそも海外に入れない現在では選択肢すらありませんが
仮にこの規制が徐々に緩くなったとしても、当面はかなり不安定な状態が
続きます。

また雇用者側の立ち位置で考えてみた時に、
現在のこの状況で採用に力を入れる企業は稀です。


筆者の所属しているシンガポール国内の企業でも、
売り上げは大きく下がっていますし、

欧州の顧客への出荷が滞り、
東南アジアから原材料の仕入れが出来ないなど
大打撃を受けております。


特にお隣の国マレーシアでは3月中旬から3月末(延長されて4月中旬)まで
全企業がロックダウン(都市封鎖)により営業を停止し、
ハッキリ言ってやばい状態です。

この状態で新規の採用、ましては外国人を雇用するという話には
当分ならないと思います。(少なくとも2020年は)


実際に内定を取り消される事例もある

当たり前と言えば当たり前ですが、

3月に海外の企業で就労予定だった方の中には、
内定の取り消し、延期などの措置が取られ
ケースがあるようです。

アメリカの留学生が強制送還されているぐらいですから、
こうなってしまうのも無理はありません、

内定取り消しになった方に向けられがちな声として
「普通こんな時期に、海外就職なんて考えるか?」

と言われることもあるかもしれませんが、

ここまで大きな問題になるとはほとんどの人が思わなかったのではないでしょうか。

私自身も正直2月の頭ぐらいまでは普通に海外に行ったりしていましたので、
3月中旬からの圧倒的な感染拡大には唖然としました。

3月30日現在では、
「来月から海外で働くんだ〜!」
なんて人は恐らくいないと思いますが、

「Covid-19が終わったら早く海外で働きたい!」
と言う方は少なからずいると思います。

しかし、一度冷静になってみましょう。
今の間は出来ることをやった方が確実に前進します。
例えば英語学習や専門分野の勉強など・・・

先の見えないCovid-19の終息を待ち続けるのではなく、
いつか時期が来た時に最前列で切符をもぎ取りましょう。

今現在海外で働いている人は今後どうなるのか

これについては筆者もよく聞かれます。

筆者の場合

国 →シンガポール
業種→製造業
職種→営業

今後のことは具体的にどうなるかは断言出来ませんが
今のところ筆者の住んでいる国シンガポールでは
Covid-19が原因で帰国させられたりといった話にはなっていません。


しかしこれは国によっても異なると思います。
例えばアメリカやヨーロッパなどでは留学生の強制送還が
されているみたいなので、

もしかするとその波が外国人労働者にも来る可能性はあるかもしれません。

また駐在員の場合は、続々と本帰国の流れがきています。
これはシンガポールでも同じくそうで、
次にいつ日本に帰れるか分からないということから
家族と共に一度日本に帰国し、日本で働きながら様子を見るという企業もあります。

ちなみにですがシンガポールでは現在
外国からの入国は完全に禁止
なので、
すなわち一度出ればもうシンガポールへ帰ってこれないので
筆者はどこの国にも行くことが出来ない状況です。(日本ももちろん)

一つ不安があるとすれば
このまま1年以上海外に出れないと言う状況が続いてしまうことです。


まとめ

一人一人の生活にも勿論様々な影響を与えるコロナショックですが

それと同時にコロナショックは世界経済に大打撃を与えました。
また今後もさらにダメージを与えることになるでしょう。

ハッキリ言ってCovid-19が今後どうなっていくかなんていうのは
もはや専門家ですら予想できない問題なので
素人の私たちが考えることではありません。

Covid-19終息と共に速やかに動けるよう今は準備をしましょう。

また私の方としても
今回のコロナショックに伴い、
当ブログ「海外就職で爆発」

は一旦お休みいたします。

時期を見て再開していきます。いつもご視聴ありがとうございます。

あなたにおすすめ