各国の就職情報

日本で働くメリットを海外在住サラリーマンが真剣に語る

どうもこんにちはシンガポール在住サラリーマンのT郎です。
普段の記事では海外就職にフォーカスしていますが、
今回の記事は
「日本で働くメリットを海外在住サラリーマンが真剣に語る」
でお送りしたいと思います。


日本で働かれている方からすれば普通のことかもしれませんが、
移住後は「日本のこう言うところよかったなぁ」と言うシーンが結構あります。
それらをこの機会に是非記事にしたいと思い執筆することにしました。

海外在住日本人の方にも是非ご一読頂けますと幸いです。
それでは本題に・・


日本語が通じる

堂々の第一位は「日本語が通じる」です。
もはやこれに勝るものはありません。

はっきり言って外国語で仕事をすることになると
肌感覚で自分のレベルが3割減ぐらいするイメージです。

伝えたいことを100%伝えることが難しい為
コミュニケーションの漏れ、プレゼン力の低下、自信の低下など
本来持っている力を最大限発揮することが難しいのが現実です。

一方日本で働く場合はもちろんそれらを一切気にしなくて良いと言うのは海外就職者目線からすれば大きなメリットです。


手当がちゃんとしている

皆さんが普通の上場企業で働かれている場合は、当たり前のように2万円で社宅を借りれたり、交通費手当、各種手当が出ますよね。

海外で就職されている方(現地採用)の多くは、基本的に手当と言う手当をもらっていません。※企業・国にもよりますが

筆者の住んでいるシンガポールでは家賃の手当が全く出ない割に、家賃がかなり高いのでキツいところもあります。


クビにならない

日本にある外資系コンサルなんかは、かなり高給をもらえる代わりに1人あたりの賞味期限が短いと聞きましたが、
普通の上場企業だと突然解雇になると言うのはそう頻繁にある話ではないと思います。
「窓際族」と言う言葉があるぐらいですから、
スキルがなかったり、努力しない人でも会社に居続けることは出来ます。

筆者の就職先(シンガポール)ではこの1年で数名解雇されました。
もちろん筆者もパフォーマンスを落とせばクビになる可能性もあります。

こう言ったことにハラハラせず、ゆっくり先を見れるのも日本企業のよさだと思います。


新人への研修が手厚い

これは本当に思いますが、日本の企業って世界的に見ても研修に力を入れている気がします。
その背景にあるのはやはり「新卒一括採用」です

元々企業に入ってくるのは社会のことを知らない学生のためある意味手取り足取り教えるしかないと言うのが理由でしょう。

上司に当たる方達も昔は同じように教えられてきていることから、研修に時間をかけ、長い目で新人の成長を見る傾向があります。

筆者の知る限り海外就職ではそんな手厚い研修などはほぼ見込め無いと思います。
その理由として
まずそもそも即戦力採用
・常に辞められる環境なので、そうなった場合育てた時間が無駄になる
が挙げられます。

しかし日本も少しずつ転職への意識が上がってきていると言うことで、
いずれは研修の手厚さもなくなっていくのでは無いかと思います。


年齢を重ねると昇格できる可能性が高い

日本は年功序列社会なんて言われていますが、人によってはこれは大きなメリットです。
例えば、あなたの会社になんでこんなこと人に役職付いているの?
って言う方1人ぐらいはいないでしょうか?

流石に部長とかのクラスになってくると、結果をバリバリ出してきた人が座っていますが、

ご年配の方って係長とか主任とかのポジションに「え、なんでこの人が・・」
って言うことは珍しく無いと思います。

しかしこれをポジティブに捉えれば、
年齢がある程度箔を付けてくれるのが日本企業の良いところです。

スポーツの世界では実力が同じなら、将来性のある若い方を使えと言われがちですが、日本の一般的な上場企業では未だに年功序列の考え方が良くも悪くも染み付いています。



賞与(ボーナス)で貯金する文化

これは海外に来てから、この文化凄いよかったんだなぁと思います。
日本だと毎月ちょっとずつ貯金してボーナスで一気に溜めていくみたいなスタイルの方が多いと思います。

実際筆者も日本にいる頃は、そのスタイルを取っていました。
筆者の働いている国シンガポールでは一応ボーナスの文化がありますが、それよりも毎月の固定給やインセンティブで反映されることが多いので、貰っている額が仮に同じだとしても、毎月ちょびちょび入ってくるので貰った気がしません笑

そのせいか気付けば使っちゃって日本にいる頃よりも少し貯金のペースが遅れています・・(自分のせいですが・・)


まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本で働かれている方からすれば
「何当たり前のこと言ってんだ」
となってしまいそうですが

日本で働くことメリットはだいたいこのようなことかと思います。
逆に上のメリットが特にあなたにとって必要の無いことなのであれば
海外就職の方がフィットしているかもしれません。


「自分って海外就職に向いているのかなぁ・・」といった方には是非下記記事をご一読頂きたく思います!



それでは次回の記事でお会いしましょう。




あなたにおすすめ