海外出向・駐在員 海外就職・現地採用

駐在員を羨ましいと思うなら現地採用なんかやめとけ(元駐在員の現地採用者が語る)

海外で働く方法としては2つのパターンがあります。1つは日本の企業から海外の子会社へ出向するパターン(駐在員)、もう一つは現地にある企業から直接雇用されて働くパターン(現地採用)です。

同じ「海外で働く」であっても両者は違ったところがたくさんあります。海外で働かれている方の中にはこの両者を比べることがよくあります。

また多くの現地採用者から「駐在員が羨ましい」と言う声を実際によく聞くので、元駐在員で現在は海外の企業に現地採用という身の筆者目線ではこの両者がどのように映っているのかを述べていきたいと思います。

この記事は特に現在現地採用として海外で働かれている方、また海外で働きたい方・現地採用と駐在員の実態について知りたい方にもおすすめです。


現地採用が駐在員を羨ましいと思う要因、それは「お金」

まず何を持って羨ましいかということですよね。

おそらく現地採用者の人が駐在員を羨ましいと思う理由
「お金」でしょう。

これは以前の記事でも述べていますが
駐在員と現地採用では基本的に収入・手当は圧倒的に駐在員の方が多いです。(例外を除く)

実際に筆者も以前駐在員として働いていましたが、待遇面において駐在員と現地採用では天と地の差です。現地採用が特別待遇が悪いかと言うよりは駐在員が多過ぎると言う印象です。(はっきり言って駐在員の給与は当人の実力に見合っていないこと多いです。筆者もその一人でした。)

こう言ったことから同じ海外で働いているとはいえ、駐在員の多くは現地採用者のことをある意味別世界の人間と捉える方も少なくはありません。

給与面以外でも、駐在員の方はあくまで日本でずっと働いてきてその延長線でたまたま海外で働くことになったわけで、自ら日本で働いていた会社を退職して海外で働こうとする現地採用者とは性質が全く異なるわけです。理解出来ないこともあると思います。

一方、現地採用者側としても給与面での格差から、駐在員のことを羨んだり、嫉妬していたりするわけです。

こういった格差から、駐在員と現地採用者は交わらないケースが多く、例えば現地在住日本人会などでもこの2つが別れているケースも残念ながらあります。


日本を出た理由を見失っている現地採用者

上でも述べましたが、現地採用者として海外で働く中で駐在員の給与・待遇と比較してしまう方はかなり多いと思います。

しかし、ここで振り返ってもらいたいポイントが、
「なぜわざわざ日本を出て海外で働こうと決断したのか」ということです。

恐らくですが、あなたが海外で働きたいと思った理由はお金だけでは無いはずです。むしろお金以外のことの方が多いのでは無いでしょうか?

もちろん中には給与を上げるために海外で働くことを決断したと言う方もいますがそう言った方は応募・面接の段階でそのような案件を選んでいます。

日本の企業を辞めて海外に行くためには色んなコストもかかりますし、本当にお金が第一優先なのであれば、わざわざ海外に出てくる必要性もあまり無いと思います。

こういったリスクがある中、あなたが今、現地採用として働いているのであれば、日本から出た時点ではお金面のことよりも「何かやりたいこと・叶えたいこと」があったはずです。

またここまで現地採用者は全然お金を貰えないと言ったニュアンスでお話ししてきましたがそんなことはありません。
もちろん基本的には現地採用者は駐在員に比べて待遇は劣りますが、正直言って自分の実力次第ではどうにでもなります。そう言う事例もたくさんあります。(日系企業だと上が日本人駐在員になるので難しいですが)

今一度「なぜ日本を出たのか」を再確認していただければと思います。


なぜ駐在員をやめて現地採用として働くことを決めたのか

次は筆者のケースを述べさせていただきたいと思います。

まえがきでもお伝えいたしましたが、筆者は以前駐在員として働いていましたが、現在は現地採用としてシンガポールで働いています。

駐在員の方や、他の現地採用者の方にこの経歴を伝えるといつも驚かれます。
筆者の経験上でもこの経歴の方とはあまりお会いしたことはありません。

ですのでこの経験があるからこそお伝えできることがあるのではと思い、下記に現地採用として働くことを選択した大きな理由2つを述べていきます。

真のワークライフバランスを充実させる為

筆者がインドネシアに駐在員として働いていた頃は、日々の業務時間、拘束時間は今考えても異常でした。

全ての駐在員の方に当てはまるかは分かりませんが、日本にいる頃よりも仕事量が増える可能性は高いですし、結果主義みたいなところがあるのでやることが多く自ずと週6日は仕事だけで終わり帰って1時間後には就寝といった生活をしていました。

また土日は接待・イベント・ゴルフなど会社の日本人に会わない日は無いのでは無いかと言うぐらいでした。毎日が仕事。そんな日々を過ごしていました。

しかし若手とはいえ給与はそれなりに貰えました。ただ一点問題があったのです。
それは「このお金いつ使うの?」問題です。

長期休暇もたかが1週間とかが年に1回あるぐらいで、旅行なんかもその時ぐらいしかいけません。使おうと思えばもちろん高い食事や高い服を買えば良いのですが、わざわざ無駄な浪費をする気も無くお金だけが溜まっていきました。

この時にもっと自分のライフスタイルにあった働き方をするべきでは無いかと感じ、色々ウェブなどの情報を頼りに考えてみた結果、
「現地採用としてローカルの企業(日系以外)で働きたい」と思い、実際に行動に移しました

実際今はシンガポールのローカル企業で現地採用として働いていますが、
現地採用の生活が完全に理想というとそうでも無いですが、駐在員時代と比較するとかなり理想に近づきました。これは自分にとっては大きな発見で進歩でした。

転職の理由となったワークライフバランスに関しては180度変わり
自由な時間がかなり出来たので自己啓発・語学・趣味などに当てさらなるレベルアップを狙っています。

給与や手当も駐在員時代に比べるとまだまだ少ないですが、日本で働いている頃よりは貰えていて、今のところ全然OKです。

あの時に思考停止してしまっていたら今頃・・・と考えると恐ろしいです。笑

「脱日本社会」を体現する為

「現地採用としてローカル企業(日系企業以外)で働きたい」と思ってからは、出来るだけ日系の企業ではない求人を探していました。

これは日本人と働きたくなかったからという訳ではなく、
純粋に日本人が一人もいない環境だとどのような会社の風土になるのかや、どんな違いがあるのかを感じてみたかったから
です。

もし仮に日系企業に入って同じことが起きてしまえば本末転倒ですからね・・

はっきり言って海外にある日系企業は、良くも悪くも日本の社風に染まります。またそこには日本人の駐在員が数名いて、海外にいても日常が日本で溢れています。

もし外国人に囲まれた環境で仕事をされたい方には
「現地採用+ローカル企業(または米系・欧州系など)」をオススメします。

日系企業に比べると比較的、募集要項の敷居が高くなりますが、ローカル企業や米系・欧州系企業への入社も視野に入れておくに越したことはないと思います。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

何度もくどいですが、
駐在員と現地採用は全く別物です。

ここに優劣などなく、お互い良いところ悪いところがあります。

筆者も駐在員から現地採用へと立場が代わり、
この1年間で様々な経験をしました。

もしご興味があれば下記記事をご覧頂けると幸いです。


それでは次回の記事でお会いしましょう!




あなたにおすすめ